コンテンツへスキップ

高齢者住宅財団が平成27年度老人保健検討等増進事業補助金で実施した調査報告書を公開しました。

『医療・介護ニーズがある高齢者等の地域居住の有り方に関する調査研究事業』報告書http://www.koujuuzai.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/20160428.pdf

こちらは急性期病院の退院者で自宅に退院した方と自宅以外の住まいに退院した方を東京圏と大阪圏の急性期病院の退院支援担当者のご協力でデータを収集し、この両者の比較分析を通じて自宅復帰と施設等への退院者の要因を分析したものです。この調査報告の中間報告会も記録も収録されています。

『被災地における被災者支援員を介護人材に活用する方策に関する研究事業』報告書http://www.koujuuzai.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/20160511.pdf

こちらの報告書は東日本大震災後導入された被災者支援員の全数調査を中心に被災者支援員の方々の意識と介護、福祉への入職の意識調査です。なお、各地域での実践報告も収録されています。

5月13日記

皆様に読んでいただきたい論文等を公開するために、dropbboxの上に公開ホルダーを設置しました。

https://www.dropbox.com/sh/8237weq6vf1tjt8/AABEskloth6vGm5rChpuYMxoa?dl=0

このなかに、高齢者住宅財団の財団ニュースに掲載した、鼎談三編および、3月に三方よし研究会百回記念研究会での講演記録を収録しました。

*1209低所得高齢者の住宅確保をどうするか。 宮島俊彦氏、水田恵氏との鼎談

*1401同潤会の「不良住宅改良事業」80年後に21世紀の居住・住宅政策を考える 大月敏雄氏、祐成保志、との鼎談

*1501魂に働きかける「ケア」と「器(住まい)」〜ホームホスピス宮崎「かあさんの家」ではじまる再生の物語をめぐって 市原美穂氏、園田眞理子氏との鼎談

*160319「三方よし」とは何か〜私の近江学事始 三方よし研究会百回記念研究会における発題から

これからも適宜追加します。

4月24日記

 

昨年来、繁忙のためこのブログの更新が滞っておりました。

新年度に入り、ようやく時間が取れようになりました。この間の仕事についは追って公開させていただきます。

熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。まだ、収束のめどがたっていないようで、なお、大変な事態が継続していること、憂慮しております。

ところで、私が理事をしている全国ホームホスピス協会からのお知らせとお願いです。

熊本にあるホームホスピスわれもこうも幸い100年たった古民家は無事でしたが、それでも各所が破損しております。これまではご近所の方々の支援もあり、ホームホスピスでの生活を継続することができておりますが、支援が必要な状態であることには変わりません。状況については、ホームページとFacebookで逐次お知らせしておりますので下記のホームページをご覧ください。

http://www.homehospice-jp.org

https://www.facebook.com/homehospicejapan/

ホームホスピスわれもこうについては下記を参照ください。

http://waremoko.sakura.ne.jp/event/event.html

4月19日記